近畿地区事務局

2017年9月8日(金)

平成29年度 道路賠償責任保険研修会の終了について(ご報告)

 平成29年7月27日に開催いたしました道路賠償責任保険研修会につきまして、143名の多くのご担当者の皆様にご出席いただき盛況の内にて終了いたしました。ご多忙の中、ご出席いただき、厚くお礼申し上げます。

 質疑応答では事故対応を中心とした多くの質問があり、ご担当者様が日々事故対応に苦慮されていることを知ることができました。実務のご参考としていただくため、今回いただいたご質問をQA集として作成し、窓口部署に送付させていただきました。

 今後とも、ご担当者様の負担軽減と円満な事故解決の一助となるよう努めて参りますので、よろしくお願いいたします。

【質問1】                         

過去3年分の全国での事故件数及び賠償額を教えてください。

  (回答1)

H26 2,208件 4億3,877万円

H27 2,383件 4億9,895万円

H28 2,045件 3億8,792万円

【質問2】

民地から市道上にせり出してきた樹木に対して、車両がぶつかり損傷した際の市の賠償責任について教えてください。

  (回答2)

民地からはみ出した樹木に対して、市はそれについて適切に指導する責任が発生しますが、車にも回避が可能である等の責任がありますので、ケースバイケースで判断するしかありません。

【質問3】

自転車が歩道上のグレーチングの溝にはまり転倒してしまった事故において、市の責任は発生するでしょうか。

  (回答3)

ケースバイケースですが、一般的なグレーチングであれば、転倒の原因は自転車の運転操作によるものが大きいと考えられますが、設置方法等で若干の過失が出る可能性はあります。

                                                                                                                                                                            (一部掲載)