HOME 個人情報保護

個人情報保護

公益社団法人全国市有物件災害共済会個人情報保護に関する基本方針

平成24年6月18日制定

平成28年1月21日一部改正

公益社団法人全国市有物件災害共済会(以下「本会」という。)は、地方自治の健全な発展と安定的な住民生活のセーフティーネットを担い、もって住民福祉の向上に寄与することを目的に、市有財産等に対する相互救済事業、防災に係る調査研究及び普及啓発事業、消防・防災施設整備事業等資金融資事業、防災専門図書館事業のほか定款に定める各種事業を行っています。

本会の取得する個人情報は、本会の目的に沿って実施する事業に利用するもので、本会は、「個人情報の保護に関する法律」その他の個人情報に関して適用される法令及びその精神を尊重、遵守し、個人情報を適切かつ安全に取り扱うとともに個人情報の保護に努めます。

1 個人情報の取得

本会は、個人情報を業務上必要な範囲に限り、適法かつ公正な手段により取得します。

2 利用目的及び保護

本会が取り扱う個人情報は、その利用目的の範囲内でのみ利用します。また、利用目的を遂行するために業務委託をする場合等、法令等の定めに基づく場合や、人の生命、身体又は財産の保護のために必要とする場合を除いて、本人の同意を得ずに個人情報を第三者へ提供することはいたしません。

3 個人情報の管理体制

(1)すべての個人情報は、不正アクセス、盗難、持ち出し等による紛失、破壊、改ざん、漏えい等が発生しないように適正に管理し、必要な予防及び是正措置を講じます。
(2) 個人情報を基に、利用目的内の業務を外部に委託する場合は、その業者と個人情報取扱契約書を締結するとともに、適正な管理が行われるよう、管理、監督します。

4 個人情報の開示、訂正、利用停止等

本会は、本人による個人情報の開示、訂正、利用停止等の請求があった場合には、随時受付け、適切かつ速やかに対処します。また、個人情報の取扱いに関する、質問、意見、苦情等には適切な対応を行い、問題の解決に努めます。

5 法令遵守のための取組みの維持と継続

本会は、個人情報の保護に関する法令及びその他の規則に則った業務運営に努めてまいります。

また、本会における個人情報の取扱い及び安全管理に係る適切な措置については、適宜見直し、改善いたします。

本会が業務上保有する個人情報の利用目的については、コチラをご覧ください。