HOME 事業概要 防災専門図書館

防災専門図書館

防災専門図書館は、
災害・防災・減災等に関する資料を所蔵する専門図書館です。
どなたでも利用できます。



東日本大震災・福島原発事故関連資料(近刊・新着を中心に)
このほかに4000冊を超える関連資料を所蔵しています。
(下段は「稲村の火」の外国語Ver.)

防災専門図書館のご案内 pdf
Disaster Management Library pdf

分類表pdf
防災いろはかるた_2017 pdf
蔵書検索バナー1

図書新着案内へのリンク new_a004

雑誌新着案内へのリンク new_a004

新着情報

  •  当館所蔵のかわら版「安政二卯十月二日大地震附類焼場所」が
    NHK・Eテレ「知恵泉 先人たちの底力」で使用されます。
     http://www4.nhk.or.jp/chieizu/

    テーマは<江戸の危機管理
     安政江戸地震での江戸幕府の対応から、現代に通じるヒントを探る内容です。

    放送日時:9月18日(火)午後10時~10時45分
         9月25日(火)午後00時~00時45分(再放送)

    *防災専門図書館デジタルアーカイブは<こちら>です。

  • 2018年8月31日(金)

    緊急展示「西日本豪雨」

    7月上旬、多くの被害をもたらした西日本豪雨。
    その被災写真の様子を、空撮写真・地理院地図などを組み合わせて
    被害の全体像と、広島・愛媛の土砂災害、岡山の浸水被害について解説・展示します。
    あわせて、
    ・被災地写真展示
      撮影場所:広島県(坂町、矢野町、上深川町)、岡山県(真備町)
      撮影・提供:㈱防災ログ
    ・被災地発行の新聞(山陽新聞・愛媛新聞・中国新聞・西日本新聞・毎日新聞大阪版)も
     閲覧できます。

    9月1日は防災の日です。
    本展示が、水害の対策について、今一度考えるきっかけになれば幸いです。

     被災地発行の新聞
    西日本豪雨関連資料(新聞は、画像をクリックすると拡大表示します)

     

     

     

     

     
    広島県・愛媛県被害状況(国土地理院等)

      岡山県被害状況(国土地理院等)

     

     

     

     

     

     
    被災写真撮影・提供:㈱防災ログ

  • 開催中の企画展「震度7の連鎖:首都圏直下地震を考える ~福井地震から70年~」
    の来場者が、8月28日に400人を超えました。

    400人目の来場者(荻原様) *写真をクリックすると拡大します

    400人目の荻原洋聡様(元・海上自衛隊一等海佐、現・株式会社エヌ・ワイ・ケイ)
    には、記念品(防災グッズ等)を贈呈しました。

    会期は12月28日(金)までです。
    ご来場をお待ちしております。

  • 雑誌を製本するため、8月28日(火)から「一部の雑誌」の閲覧を中止します。

    該当雑誌は、蔵書検索結果一覧の「状態区分」欄が、「製本中」になっているものです。

    閲覧の再開は、平成30年11月下旬より順次行います。

    ご不便をおかけしますがご了承ください。

    <蔵書検索結果の例>
    「製本中」

  • 防災専門図書館では、夏休みの特別企画として、東日本大震災復興支援プロジェクト
    「笑顔を届けるプロジェクト in school library 防災専門図書館 ver.」
    を8月3日から9月末まで開催します。

    この間、キハラ株式会社が提供する<防災教育>関連資料約250冊を展示します。
    ぜひ来館して御覧ください。

    「笑顔を届けるプロジェクト in school library」(キハラ株式会社)
    https://www.kihara-lib.co.jp/egao/index.htm

    期間:8月3日(金)~9月28日(金)
    場所:防災専門図書館 閲覧室
    対象:小学生・中学生・高校生・司書・教員
    図書の内容:東日本大震災、福島第一原発事故、防災教育


    展示の様子
      *画像をクリックすると拡大表示します